FUTOAGO.COM


ホーム | フトアゴとは? | 飼育方法 | 病気&怪我 | 探偵団 | 写真館 | ビデオ倉庫 | プロフィール | リンク | ブログ | 掲示板 | お問い合わせ

 

シャらケンと、マイカイジュと、フトアゴ大百科について

シャらケン

シャらケン(人間)について:

カリフォルニア州ロサンゼルスでフトアゴヒゲトカゲのマイカイジュと暮らしています。15歳で留学し、そのまま永住。バツイチの38歳女性。トカゲに凝ってる場合じゃないだろう!

 

   
マイカイジュ  

マイカイジュ(トカゲ)について:

名前の由来はもちろんMY怪獣。MYKYJUと書きます。あだ名は怪獣。2008年7月13日にコロラド州のブリーダーさんのトコでハッチし、同年9月20日にシャらケンのところへやって来た女のコ。デフォルトでヤル気なし!

 

シャらケンとマイカイジュの出会い:

爬虫類なんか興味ゼロ、むしろキモチワルくて積極的にヤ、と思ってた私が、時間潰しでちょっと寄ってみたペット屋で、偶然フトアゴのバブーを見掛けてしまい、「何これ、チビ・ドラゴン?!」と衝撃を受けたのが2008年の秋。だって、バッチリ目が合ってニッコニコしながら手を振ってたんだもん<今思えば、アームウェービング。ファンタジー映画からそのまま出て来ちゃったかと思った。

ネットで調べてみたらなかなか奥が深くて、色や模様によって値段が大きく変わって来る模様・・・有名な個体とかもいて、フトアゴ界の血筋に革命を起こしたものの去年惜しくも老衰で死んでしまった、どこどこのブリーダーの何とかってコの血を引いているとか何とか、よくわからないけどDAIGOみたいなことになってるし。

んで、私もいろいろ見てる内に目が肥えて来て、お!この色は凄い!とか、これは可愛いけどマーケット的にはフツー、とかわかるようになっちゃった。しかも、ブリーダーさんたちの間での基準とはまた別に、オレンジっぽいのが可愛いとか、なるべくトゲトゲっぽいのが好きとか、自分の中での判断基準もハッキリして来て、見れば見るほど選り好みが激しくなり、もうメッチャ気に入るコはなかなか見つからないかも、と・・・

てゆーか、当時の私は夫と別居して2ヶ月、まだ復縁か離婚かもわからない時期。少なくともトカゲを飼ってる場合ではありませんよね、とイマサラな事実にも気付き、2008年一杯は我慢して年明けになってもまだ欲しかったらまた探すか、と諦めた翌朝、インターネットの広告でビビビッ(松田聖子風)来ちゃいました。

こちら(右)が、その運命の写真。いろんなフトアゴの写真をさらに見まくって来た今は、なんでそこまでこの写真一枚に惹かれたのか不思議だけど、とりあえず、もう見た瞬間に「何コイツ、キャッワイー!!」と一目惚れ。このオレンジの鎖模様が猛烈カワイー!と思った。そして背骨の白い部分をよく見ると、これまた猛烈カワイー茶色の水玉模様・・・絶対このコだー!って、その場で決めちゃったのサ。

運命の写真
怪獣inタッパー


こうして、ハッチして2ヶ月のマイカイジュはコロラド州のブリーダーさんのトコからロサンゼルスの私のところへ郵便で届いたのでした。空気穴が開けられたタッパーウェアに入って来たんだよ(左)。ウケル!今もこのタッパー、記念に取ってあるけど、こんなチッチャイのに入ってたんだー、って感無量。今じゃ、どんなに丸めまくっても絶対入らないからさ!

マイカイジュを手の上に乗せてジーッと見てると、小さな爪が一つ一つ付いてて、目の下にマツゲみたいな小さい突起がズラーッと一列に並んでて、まるで物凄く精巧なフィギュアみたい。いや、生き物を玩具に譬えるなんてトンデモないけど、あまりに良くできてるので現実味がないくらい・・・ホントに心の底からウットリしたよ。

そして、あの頃の感動は今も全く色褪せてない。さすがに当初と比べるとハンドリングは雑になっちゃったけど、それでも、自分の手の上の大切な大切な宝物、みたいな感覚は全く変わらない。もう自慢で自慢で、可愛くて可愛くて、好きで好きでしょうがない・・・

 

それにしても、これはチビッコ時代の夢がそのまま実現しちゃった感じだね。母をたずねて三千里のシロザルとか、ナウシカのキツネリスとか、いつも一緒のミニ珍獣って憧れなかった??まさにアレ。しかもコイツはミニ怪獣だよ!!

あれ?トカゲを飼ってる場合ではありませんよね、って言ってた件はどーなった?・・・ええ、晴れてバツイチになりましたから、「いつも肩にトカゲを乗せてるけど、いい人よ」(伝染るんです風)って私の再婚相手探しといてちゃぶだい<ウィンク。

 

フトアゴ大百科について:

というわけで、マイカイジュが初めて飼った爬虫類で、それもまだ3年弱。幸い大きな病気や怪我はしたことないし、交尾や繁殖は経験ないし予定もないし、無精卵を産んだことさえない。だからまだまだ私自身が初心者なんだけど、アメリカ在住ということもあって本やネットの情報は結構多いのです。

私も欲しくて、日本語のフトアゴ専門書をアマゾンジャパンで探してみたけど、ほとんどないんだよね。英語の本なら何冊か出てて、私もいくつか持ってるんだけど・・・それで、試しにYAHOOジャパンで「フトアゴ+アボカド」と検索してみたら、これまたほとんど出て来ない。アボカドはフトアゴにはダメなハズだから、あげちゃダメな食べ物リストとか一杯出て来るかと思ったのに・・・

すると、こちらで見聞きした情報を勝手に日本語にしてまとめるだけでも意義あることかも?と思ったの。

一方、日本を離れているからわからないこともたくさんある。例えば、日本の天候に合った温度・湿度管理とか、日本でどんなライトが売られていて、何がオススメかとか・・・だから、その辺りの重要な事項がちっともカバーされていないかも?という恐ろしい事実はくれぐれもお忘れなく!!<こんなことも載せた方がいーよ、なんて情報があったら、ぜひお知らせ下さい。

周囲にリアルなフトアゴ仲間が一切いないので、せめてネット上だけでもたくさん知り合いたいな!!困った時にお互い助け合えるような・・・いつでも気軽にお問い合わせ下さい。

フトアゴ万歳!

シャらケン
2011年7月

 

 

ホーム | フトアゴとは? | 飼育方法 | 病気&怪我 | 探偵団 | 写真館 | ビデオ倉庫 | プロフィール | リンク | ブログ | 掲示板 | お問い合わせ